ファンタムクラブ

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.01 
ベルゼルガDT

製作:鈴木頭領
スケール:1/24

写真1
写真2
写真3
写真4





・コメント  

 大河原先生の設定画の再現を目指して、ベルゼルガDTをスクラッチしました。

 先生の描くロボットの大きな特徴である握り拳を強調したフォルムにこだわりましたが、少々デフォルメ
しすぎましたか、かなり“昭和の香り”のする機体に仕上がってしましました(笑)。←これも昭和っぽいw

 残念ながらコックピット内の製作と降着ポーズへのギミックはオミットしていますが、サンドトリッパーは、
荒地での接地性を考慮して、ふくらはぎから伸びる動力パイプの伸縮によって、独立可動を行えるよう
にしています。

 カメラのレンズは、透明プラ板を用いて、フラットなものにしました。かなりカメラの性能が落ちそうですが、
なんとなく今までずっと丸レンズ=Hアイズを利用していましたので、たまには反発してみたくなりまして。
ですが、イマイチ違和感があるような・・・。やはりATにはHアイズですかね。

 塗装は黒立ち上げで各部を塗装した後、エナメル塗料でウォッシング、足回りをパステルで仕上げて
います。塗装につきましては修行中の身でありますが故、ちぐはぐな部分も多くありますが、どうかご容赦
を。

 次は“昭和のビートル”を製作してみたいのですが、なにぶん手が遅いもので、いつになりますことや
ら・・・。


 http://ikaremanbou.com/


スポンサーサイト

一瞬、こんなガレキが出てるのかと思いました。
(ガレキは詳しくないので・・)
素晴らしい造形技術ですね。
銀ハゲも「昭和」してて格好よいです。
2008.12.04 00:11 | URL | 真キム | 編集
バイザーが喉に埋まった感じが
首太く見えてカッコ良いですねー
(何言ってるかわからなくなってますが・・)
2008.12.07 19:59 | URL | 風来のモデラー | 編集
フルスクラッチですか!重厚感が素晴らしいです!大河原先生テイストがナイスですね。私も次は、この路線で^^アリーナへの参戦期待しております!
2008.12.10 00:41 | URL | オシリナデール大佐 | 編集
キチンとしたコンセプトを掲げてフルスクラッチを完遂させた高い技術力と〔努力と根性〕には
本当に敬服します
拘り抜いた造形力と塗装表現が相乗効果を生み
素晴しい作品として昇華していますよね

中には居るんですよ
自分の造形技術を誇示刷るためだけにフルスクラッチ〔若しくはセミスクラッチ〕
する馬鹿者が 

まあ、そんな馬鹿者は大体対象作品の劇中内容迄は
突っ込んだ作風は無理ですから自然と化けの皮が
剥れますがね


2008.12.11 18:55 | URL | 未熟者〔グリーナー〕 | 編集
シルエット・塗装がまさに劇中のベルゼルガDTを想起させる
内容で素敵です!
やれた感じの塗装がまたらしくていいですね。大きめのゲンコツも
いい感じ!
2008.12.12 04:21 | URL | ハタ | 編集
  管理者にだけ公開する


トラックバックURL
http://phantam.blog83.fc2.com/tb.php/104-c886ff49


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。