FC2ブログ
ファンタムクラブ

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018.08.22 スコープドッグメルキア軍仕様/にーるさん旧MAPS
「スコープドッグメルキア軍仕様」
HN : にーるさん旧MAPS

WAVE1/35スコープドッグRSCをメルキア仕様にしてみました。
キット本体は肩のポリキャップ詰めと肘の関節モールド追加。
ターンピックが一体モールドでダルいのでプラ棒にて新造。
ラウンドムーバーはタカラSAKから丸ごと流用。ノズルのみ
コトブキヤのものと交換。
デカールはタカラSAKのものを使いましたが、さすが年代物
なんでかなり失敗しました。

先頭の画像はタカラ1/24のツーザックキットの箱絵をイメージ
してみました。

t16_maps_scpdog_01.jpg

t16_maps_scpdog_02.jpg

t16_maps_scpdog_03.jpg

t16_maps_scpdog_04.jpg

t16_maps_scpdog_05.jpg

スポンサーサイト

2018.08.22 タカラ1/24マーシィドッグ/村瀬 義明
タカラ1/24マーシィドッグ
HN : 村瀬 義明

・頭部 キットを3mmかさ上げ。ウエーブのパーツは形はいいんですが、
タカラより直径が約2mm小さいのでイメージに合いません。
バイザーは下面を削り込んで丸みを強調。
カメラはキットの物を加工。レンズはアクリルから削り出し。
・肩 キットの縁取りに合わせて1mm拡大。
胴体を2mm幅詰め。
腕が長いと細く見えるので、上腕で2mm切り詰めました。
ベストバランスになったと思います。
プラが割れやすかったのでアンテナをまち針、
関節をアルミ線に替えました。

塗装はネイビーブルーを下地にカーキグリーンと127番。
ホースのポリパーツはMrメタルプライマー改で無理矢理塗りました。
触ったぐらいでは剥がれませんが、耐久性は未知数です。
マーシィドッグはジャングルで長期運用された機体なので、徹底的に汚しました。
凹んだ部分にはベビーパウダーを混ぜた塗料を塗り込んで、
泥が詰まった状態を表現。
クメンの土が何色か分からなかったのでベトナム色にしましたが、
泥なのか錆なのか分からなくなってしまいました。
キレイにカッコよく汚すって本当に難しいです。
他の部位はともかく、アンテナ、カメラは磨くだろうと思ったので
汚してません。

t16_murase_marshy_01.jpg

t16_murase_marshy_02.jpg

t16_murase_marshy_03.jpg

t16_murase_marshy_04.jpg

t16_murase_marshy_05.jpg

2018.08.22 1/20 スタンディングタートル/新田真
1/20 スタンディングタートル
HN : 新田真

使用キット:フルスクラッチ

装甲騎兵ボトムズのクメン編で登場するスタンディングタートルをスクラッチしました。
武装はフレイムスロウワーを装備させています。
過去にWFの当日版権のガレージキットで1/20スナッピングタートル改造パーツと
1/20スタンディングトータス改造パーツを出して、何かと合計4機の亀系を製作しました。
今までファッティー地上用のパーツが必要でありましたが、今回はフルキット仕様にしたので
余剰パーツが無くて作れるのが嬉しい限り。あと何機作れば気が済むのかww

t16_nt_st_01.jpg

t16_nt_st_02.jpg

t16_nt_st_03.jpg

t16_nt_st_04.jpg

t16_nt_st_05.jpg

2018.08.22 1/20 バウンティドッグ HN:新田真
1/20 バウンティドッグ
HN : 新田真

使用キット:1/20 スコープドッグ バーコフ分隊仕様

機甲猟兵メロウリンクに登場する、ボイル少佐が搭乗するバウンティドッグを製作しました。
メロウリンクシリーズのAT達は本家ボトムズより遊び心があって、たまに作ってみたら
やはり立体映えして非常にカッコイイATデザインだと毎度感心してしまいます。
このバウンティドッグはWF2017夏に当日版権のガレージキットとして出しているので、
今度は個人的に一般兵士用機も作ってみようかと思います。

T16_nt_bd_01.jpg

T16_nt_bd_02.jpg

T16_nt_bd_03.jpg

T16_nt_bd_04.jpg

2018.08.22 1/20 ダイビングビートル/新田真
1/20 ダイビングビートル
HN : 新田真

使用キット:フルスクラッチ

「1/20でダイビングビートルが欲しい!」という欲求がやっと実現しました。
過去に同スケールのマーシィドッグやスナッピングタートルも製作しているので
並べてみたい・・・。という願望が完成へと導いてくれました。
製作に関しては殆どがプラバンでスクラッチしています。曲面部はエポキシパテで
成型しています。関節部はポリパーツや関節技を仕込んで可動も可能です。
塗装は、ガイアノーツの専用カラー(ダイビングビートル用)がタイミングよく
発売されたのでそのまま塗装しました。

t16_nt_db_01.jpg

t16_nt_db_02.jpg

t16_nt_db_03.jpg

t16_nt_db_04.jpg

t16_nt_db_05.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。